top of page
  • 執筆者の写真中山勇太郎

HubSpotのMA機能とは?代表的な機能について詳しく紹介! 


HubSpotは、世界120ヶ国以上で使用されているマーケティングプラットフォームツールです。HubSpotには様々な機能が搭載されていますが、中でも「MA(マーケティングオートメーション)ツール」の機能が充実しています。

 

本記事では、このHubSpotに搭載されているMA機能について、詳しく解説していきます。HubSpotを活用してマーケティング活動の自動化、効率化を図りたい方は、ぜひ最後まで御覧になってください。

 


MAツールとは

 

MAツールとは、見込み顧客の獲得や育成、抽出などマーケティング活動を自動化・効率化するためのMA(マーケティングオートメーション)を実行するソフトウェアやオートメーションツールです。

 

MAツールを活用することで、マーケティング活動を可視化自および動化することができます。見込み顧客リストの一元管理やメールの一斉配信、レポートの自動作成など、これまで手動で行っていた作業を自動ですすめることが可能です。


また、MAツールによって収集したデータをもとに分析をおこなうことで、見込み客のニーズを精度高く把握できます。ニーズを正確に把握できれば、更なるマーケティング活動や営業の生産性向上に役立ちます。



HubSpotとは

 

HubSpotとは、2005年にアメリカにアメリカで開発されたマーケティングプラットフォームツールです。世界120ヶ国以上、15万社以上の企業に利用されています。

 

HubSpotは、インバウンドマーケティング向けの各種機能が搭載されている点、特徴になります。

 

インバウンドマーケティング:

WebサイトやSNS、メルマガ、動画などを活用して、顧客にとって価値のあるコンテンツを創り出し、顧客が自発的に企業へ興味・関心を持ってもらい、最終的に企業のファンになってもらうまでの一連のマーケティングプロセス

 

顧客の購入履歴や氏名、メール開封の有無、サイトへのアクセスなど顧客に関する詳細なデータの蓄積・管理に関する基本的な機能を利用可能です。

 

また、HubSpotでは1,160種類以上のサービスとAPI連携が行えます。データの登録から機能のカスタマイズまで直感的な操作で進められるため、ITツールの詳細な知識がなくても無理なく使用可能です。


HubSpotの主なMA機能

 

HubSpotには、様々なMAツールが搭載されていますが、その中でも代表的な機能をピックアップして紹介していきます。

 

今回紹介する機能は、下記の通りです。

 

・Eメールトラッキング

・Eメールオートメーション

・ウェブチャット機能

・ランディングページ作成ツール

・マーケティングアナリティクス

 

Eメールトラッキング

 

Eメールトラッキング機能は、見込み客がEメールを開封したり、Eメール内のリンクをクリックした際に、HubSpotからの通知を受け取ることができる機能です。Eメールの受信者が、どのような内容のメールに反応して興味を示したのか、性格に把握可能となっています。

 

また、受信者の反応はHubSpot内のCRMデータベースに保存されます。保存されたデータを分析することで、見込み客の絞り込みにも活用できるでしょう。

 

Eメールオートメーション

 

HubSpotのEメールオートメーション機能を使用することで、Eメールのリンクをクリックしたコンタクトをリストに追加するなど、各種フォローアップ作業を自動化することが可能です。

 

Eメールに関連するイベントや条件が満たされた場合の自動アクションをワークフローとして設定できます。設定できるワークフローの一例は下記の通りです。

 

・受信者がEメール内のリンクをクリックした

・受信者がEメールをスパムとして登録した

・受信者がEメールに返信した

・対象者にEメールが送信された

 

手作業でデータを集めてコンタクトリストを作成するのは、工数が多い作業であるため負担が重いです。Eメールオートメーション機能を使えば、メール送信の対象者のアクションに合わせてリストを自動作成できるので、工数削減、負担減少を実現可能です。

 

ウェブチャット機能

 

HubSpotには、無料のウェブチャット機能も実装されています。コーディングを行わずにウェブチャットをサイト上に表示できるため、プログラミングの知識がない場合でも安心で導入可能です。

 

サイト上に表示されたウェブチャットは、HubSpotのCRMから取得したコンタクトデータを使って、チャットの返信がパーソナライズされます。一般的な質問への回答はもちろんのこと、有望な見込み客の判定、ミーティングの予約なども自動化可能です。


また、ユーザーとのチャット上でのやり取りはCRM上にデータとして保存されます。過去のやり取りを俯瞰して、チャットの全体像を把握することもできます。

 

ランディングページ作成ツール

 

HubSpotには、ランディングページ作成ツールも搭載されています。ウェブデザイナー、サイト開発者に頼ることなく、自社商品・サービスに合わせたランディングページを作成可能です。

 

たとえば、サイトデザインについては、見込み客の創出に優れたテンプレートをライブラリーから選択したり、ドラッグ&ドロップの操作を通じて編集することが可能です。また、AI搭載のテキスト生成機能も実装されているため、コンテンツやサイトタイトル、説明文の自動作成も行えます。

 

さらに、HubSpotではランディングページのパーソナライズも可能です。サイト訪問者の現在地や使用デバイスなど、CRM上のコンタクト情報に基づいて、表示するコンテンツを調整できます。

 

マーケティングアナリティクス

 

HubSpotには、マーケティングで必須となるアナリティクスダッシュボード機能が標準搭載されています。実施中のキャンペーンのパフォーマンスを1か所で確認可能です。

 

たとえば、送信済みメールの件数やメールのクリック率、クリックのスルー率、返信率など受信者のエンゲージメントの数値を一目でチェックできます。

 

また、アナリティクス機能では、特別な設定をおこなうことなく、ウェブサイトやEメール、SNSなどのマーケティングレポートを作成可能です。HubSpot上に保存されたデータをそのままレポート作成に出力できるので、レポート作成の工数削減にも役立ちます。

 

まとめ

 

HubSpotに搭載されたMAツールを活用することで、マーケティング活動の自動化、効率化を実現可能です。これまで人力で行っていた作業を自動化すれば、よりリソースをかけるべき業務に力をかけられます。また、顧客情報やメールの開封率・返信率、チャット・フォーム作成など、インバウンドマーケティングで必須となる工程も、HubSpotのMAツールを使うことで効率的に進めることが可能です。

 

本記事の内容を参考にしていただき、HubSpotのMAツールを活用していただけますと幸いです。

閲覧数:3回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page